摂食嚥下サポートについて

このたび、置賜地区摂食嚥下連携委員会および置賜地区摂食嚥下サポートチームが発足いたしました。

在宅や施設におられ、食べることに不安を抱えておられる方々に、スムーズにVF(嚥下造影検査)やVE(嚥下内視鏡検査)での評価、診断、また食べ物の調整や作り方の指導、食べ方のアドバイスなど、統一した支援をしていきたいと考えております。

皆様、何かご心配がございましたら、ぜひサポートセンターにご相談ください。

【置賜地区摂食・嚥下サポートチーム パンフレット】

 

 

≪ 支援の流れ ≫  → 摂食・嚥下サポートのご利用手順

  ①かかりつけ医に相談 → 診療情報提供書(嚥下用) を書いていただく

  ②ご本人またはご家族がサポートセンターに連絡し、初診日を決定

  ③初回診察もしくは初回面談にて検査日決定

  ④その結果をもとに、支援内容の検討

   リハビリ、歯科往診、栄養管理、訪問看護などの支援体制が組まれる

  ⑤実際の支援

  

≪ その他 ≫

   置賜地区摂食嚥下勉強会の開催や、市民公開講座なども企画していきます。また、小規模でも勉強会を承りますので、お気軽にお問い合わせください。