リハビリテーション紹介

新しい医療を目指して。

①理学療法(physical therapy:PT)紹介

 理学療法とは脳血管疾患、骨折などによる障害や手術などによる廃用症候群を有する患者さんに対して、起きる・立つ・歩く等の基本動作の練習や食事・トイレ・入浴等の日常生活動作の練習等、身体と心の両面から機能回復・維持・予防を目的に行われる治療です。回復期リハビリテーション病棟として当院では実生活場面での歩行や実際の日常生活の練習を行うことで早期の在宅復帰を目指します。さらに、生活を改善させるための介助方法の指導や退院後の生活のための福祉用具の検討、住宅環境の整備への助言、指導、病棟スタッフや退院後のサービス事業所への連携などを行っていきます。

②作業療法(occupational therapy:OT)紹介

 作業療法とは障害を有する患者さんに対して、できるだけ自分のことが自分でできるように、また、家庭や社会に戻れるように、身体機能(体力、力をつける、手をうまく使えるようにするなど)、身の回りの動作(食事、トイレ、身だしなみ、入浴など)、生活に関わる動作の他、認知症などの精神機能、高次脳機能障害などに対して実際の動作の練習や手工芸などを行う治療です。回復期リハビリテーション病棟として当院ではより自立した生活を送り、早期にご自宅に復帰できるよう練習を進めていきます。入院中からご家族にリハ見学や介助方法の説明も行います。またご自宅でも生活しやすいよう家庭訪問を行ったり、退院後もよりよい生活が送れるようにサービス事業者への連携も行っていきます。

③言語聴覚療法(speech language hearing therapy:ST)紹介

 言語聴覚療法とは「話す」「聞く」「書く」「読む」等のことばや飲み込みの障害を有する患者さんに、SLTAや構音検査等のことばの検査や、VE(嚥下内視鏡)やVF(嚥下造影検査)等の飲み込みの検査を行い、患者さんに合わせた会話練習や教材を用いた言葉の練習、発声練習、また、口の体操やマッサージ等を行ったり、実際に食べる練習、食べ方へのアドバイス等、これからの生活をよりよく送っていただくために支援しています。障害に付随する心理的問題やご家族へのサポートにも積極的に関わっています。